ヒメジョオンにやって来る仲間たち。

2016年10月09日|EDIT|
0
昆虫
今日は雨の上がった午後に自転車(電動アシスト付きだよ!)に乗って近所の川の下流へ。先週はキビタキ、メボソムシクイ(たぶん)が来ていたので今週も何か居ないかと散策。何も特別なことはなかった。いつもの秋通りにヒヨドリが増えて、カワセミが追いかけっこし、ヒメアマツバメがいなくなった。期待のイソヒヨドリは今季は未だに未確認だ。

ヒメジョオンに小さいハチ(この時点ではアブだとは知らなかった)がとまっていたので、パシャパシャと撮影。

ヒメヒラタアブという種類らしい。左の小さいのはなんていうんだ?

花粉を舐めているようだ。

手も使う。右の小さいのはなんていうんだ?

右の小さいのはなんていうんだ?

上から見るとこんな体形。細いね。

ヒメジョオンの葉っぱに移って、ベロの掃除をしていた。

アブってハエの仲間だそうでなんだかわかる気がする。

でっかいアブがやってきてジャイアンみたいに小さいのを追い払った。ホソヒラアタアブ?

ハエもやってきた。
一か所に座っているだけでこれだけとれた。
今日はフラッシュ使ったけど、もっとディフューザー工夫しないとだめだなぁ。


ホウジャクをマクロレンズでフラッシュを使って撮影してみた。

フラッシュのおかげで1/400秒でも、ある程度羽がとまる。近すぎて鱗粉を吸い込みそうでちょっと怖かった。もうしない。
今日使ったフラッシュはアマゾンで2000円くらいで買った安物。TTL制御などない、ただ光るだけのもの。ニコンの純正ももってるけど制限多くて面倒なので、この光るだけの安物を好んで使っている。
D810のクロップモード使うと1/500でも使えて、2~3枚の連写ができた。D500は同調速度が1/250秒と遅く、こんなところで手抜きしていたのね。
ガイドナンバーの大きいのを買えば、もっと連写枚数増えそうなので考察中。


ちょっと寄った沼で自転車からiPhoneで撮った黒いアゲハ。これで十分なのではないかと思ってしまう。

Nikon D810 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply