近所の川にメボソムシクイ

2016年10月02日|EDIT|
0
野鳥
今日は一日中曇りの予報に反して、雲のない晴天。予想外の良いお天気に浮かれたためか、何故か久々にボーグを持ち出して自宅から300mの近所の川へ。

昨日メスのキビタキを確認した場所に、もしかしたら黄色いキビタキが来ているかもという能天気な期待を胸に。到着するなり藪の中のシジュウカラの群れに何か混じっているのを確認。あっ、ウグイスだと思ってさっそく撮影機材を取り出す。ありゃありゃ、付けてきたワッカ間違えた、と慌てる。とりあえずミニミニドローチューブを目一杯伸ばして、何とかその場をしのいだ。
構えてビックリ。ファインダー越しに見えるものが揺れていている。どうやら身体が光学式手振れ補正に慣れきってしまったようだ。三脚出そうかなとも考えたが、面倒なので手持ちで。とりあえず出てきたところを狙ってパシャパシャと撮影。

家に帰って三度ビックリ。
1. ウグイスじゃなかった。図鑑を取り出して調べてみるとメボソムシクイのようだ。たぶん。
2. JPEGだった。野鳥撮影はRAW撮りのみでJPEGの設定何もしてないし。
3. 歩留まり悪すぎ。手振れ補正ONするのをすっかり忘れてた。

図鑑記載では、「上面は緑褐色、黄白色の眉班、下面は灰褐色で脇が黄色い」とあるのでメボソムシクイと判断。







横着せずに三脚出しとけばと後悔。

一緒にいたシジュウカラの幼鳥。無茶苦茶かわいかった。

住宅街の排水路(いわゆるドブ川)に昨日はキビタキ、今日はメボソムシクイ(たぶん)がやって来るなんて、本当に素敵なことだ。
明日はどんな素敵なことが? 会社です。

Pentax K-3II / Borg 71FL + Canon 250D + Pentax-F AF adapter 1.7x

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply