カラフル

2016年10月02日|EDIT|
0
昆虫
昨日はどんよりとした曇天。軽い機材をもって自転車でご近所をパトロール。

イソヒヨドリを探しに川の下流をウロウロ。残り少なくなったキクイモモドキ(イシイモ)の花にシジミチョウが羽根を広げていた。実は県の蝶であるミドリシジミだと思ってたけど、どうやらウラナミシジミというやつみたいだ。基本的に興味がないので憶えることはないだろう。
黄色い花、青い蝶と緑の背景がとってもカラフルであった。

隣の花では別のシジミチョウが蜜の争奪戦?

シジミチョウが去った後は蜂が。大人気だ。



目的のイソヒヨドリは確認できなかったが、カラフルではないほうのキビタキが来ていた。
住宅街の排水路だけど、たまにキビタキが立ち寄るんだよね。

自宅から300mの場所にキビタキが来るなんて考えてみれば素敵なことだ。
まぁ、一日だけの滞在だとは思うけど、今日も観にいってみよう。



ホウジャクがアベリアの蜜を吸いに。かなり暗かったので高感度になってしまったけどそこそこ色はでた。

背中はシャコみたいだ。

これを撮影中、両手がかぶれた。ホウジャクが原因か、アベリアが原因かは判らないけどアレルギー体質なのでもう近づくのはやめておこう。



時間は前後するが、最初に行った沼。
特に状況に変化なさそうだったのでごく短時間で引き上げた。
曇天続きでカラフルなカワセミが撮影できない。

Nikon D610 / AI AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply