X-E2 と 71FL でイソヒヨドリ撮影

2016年02月06日|EDIT|
0
撮影機材
今日は、しばらく放置していたフジフィルムのX-E2を持って近所の川へ。
このたびフォームウェアが大幅に更新され、その中でも一番の興味は新たに搭載された振動のない電子シャッター。BORGでの撮影で振動対策は最重要事項なのである。現地到着して、あれやこれやと設定を確認していると目の前にイソヒヨドリがとまった。

ノートリでこの距離。


あと10分ほど待って頂きたかったが仕方ない。


今日はイソヒヨドリがまんまるになって休んでいたという事前情報通り、まんまる。


ここでも、まんまる。


あそこでも、まんまる。


カワセミは抜けたところへは来ていただけなかった。


ISO1600でメジロ。


ファームアップ後の X-E2 感想文:
  • やっぱり電子シャッターは歩留まり良い
  • ユーザインタフェースはとても使いやすくなった
  • マイク端子にケーブルレリーズをつけて電源入れると設定確認画面が出てくるのはいただけない(設定でケーブルレリーズを使うよとしているにもかかわらず)
  • マニュアルフォーカスなのに300枚未満でフル充電の電池がなくなった。電池劣化かもれないけど。
  • BORGでの野鳥撮影には羽毛が解像しないのでやっぱりJPEGは使えない
総合的には良いファームアップをありがとう。

Fujifilm X-E2 / Borg 71FL + 1.4x Teleconverter DG

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply