ご近所お散歩~まだまだジャンプしてたイソヒヨドリ

2015年12月30日|EDIT|
0
野鳥
今日は様子が気になっていた近所の川の下流へ。出掛けに自転車に跨ってみたものの三角木馬の拷問状態。まだまだ自転車はお預けだ。なのでユックリと歩いて行ってみた。

ほぼ1ヶ月ぶりの下流は冬が来ていない状態。例年であれば冬には簡単に出会えるジョウビタキ、モズ、シジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、アオジにツグミは全く居ない。カモ類も一組のマガモ夫妻以外はカルガモだけ。結局、何も撮影することなく上流のカワセミ広場に到着。

現在の主役であるイソヒヨドリ。イソヒヨドリらしく人工物どまり。


人に慣れて歩道脇でクモやらトカゲやらを食している。


前回の投稿でもうジャンプしないかもと書いたが、干からびたピラカンサの実をめがけてジャンプしまくりだった。


ジューシーな実よりも干からびたほうが美味しいのかな?



元主役のカワセミ君は活発だった。
今まで止まらない場所に止まっていたりしたのでチョット今後が期待できるかも。


久し振りのカワセミ飛び物。飛ぶのを待っているのが集中できなくてツライ。



ピラカンサの実を食しているジョウビタキ。最近、イソヒヨドリに弟子入りしたようでピラカンサの実をめがけてジャンプしていた。干からびた実の方がお好みなのも師匠譲りか?
今日は撮影できなかったので、これも今後に期待だ。



帰りに撮影した下流にいたハクセキレイ。

ニコンの200-500mmの手持ち撮影であるが、解像はこれで十分な気がしてきた。
面倒なBorgを持ち出すのが段々と億劫になってきている。

Nikon D810 / AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply