近所の川のカワセミ達~それぞれのガマ

2015年11月23日|EDIT|
0
野鳥
今日は早朝からクイナを見にいくも不発。寒くて一時間で撤収。その後、近所の沼と川を回ったが、たいした収穫も無く小雨がパラついてきたので撤収。ということで昨日と今日撮影した近所のカワセミ達の様子を。

現在の上流の主。昨日の夕方にガマの穂に陣取って40分ほど動かず。

羽繕いも不安定なガマの穂で。

上の方が気になるようで、しばしば上を見つめていた。このガマの穂は人の手が入ったもの。


こちらは中流でよく見かける色と容姿が芳しくない個体。この容姿には、よ~く見覚えがある。お局カワセミにソックリだ。

こちらは勝手に生えているガマの穂どまり。お局の子孫に間違いない。このガマの穂どまりを撮影しに来る人はいない。


こちらは下流のカワセミ。行動パターンから昨年もこの場所をテリトリーとしていた個体と推測している。繁殖時期に居なくなったが戻ってきたものと思われる。

落ち葉との絡みを狙ってみたものの上手くいかない。


現在は、2kmの範囲に3羽のカワセミが居るようだ。

Nikon D610 / AF-S VR Nikkor 300mm f/2.8G + TC-17E II [1-5枚目]
Pentax K-5IIs / smc Pentax-DA* 300mm F4 ED [IF] SDM [6-7枚目]

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply