Nikon TC-16A で再度AFボーグを試みた

2015年08月07日|EDIT|
0
撮影機材
以前、『Nikon TC-16A でAFボーグを試みるが...』で後ピンが調整できずに駄目出ししたTC-16Aであるが、カメラをD810にして再度チャレンジ。
というのも、Pentax-F AF adapter 1.7x も同様(こちらは前ピンだが)に駄目だったがカメラを換えたら何とかなったから。



D810との組み合わせでは、
  • レデューサ使用せず ⇒ AF微調整しても後ピン直らず
  • Kenko ACクローズアップレンズ No.3 (333mm) 使用 ⇒ AF微調整してギリギリ範囲内に
  • Canon クローズアップレンズ 250D (250mm, No.4相当) 使用 ⇒ AF微調整せずにジャスピン
という結果に。レデューサはマウントホルダー【7000】に取り付けた。



等倍切り出しによるレデューサごとの解像比較。当日はとにかく鳥が居なかったので、まずは7~8m先の桑の花での比較。レンズは90FL。

レデューサなし。LVでのコントラストAFでピント合わせ。

Kenko No.3 (333mm) で短縮。位相差AFでピント合わせ。

Canon 250D (250mm) で短縮。位相差AFでピント合わせ。


以下色々な条件での作例。

Kenko ACクローズアップレンズ No.3をレデューサとして使用した例。レンズは90FL。

近くのカルガモ。ノートリ(といってもD810の1.5xクロップ)。

等倍切り出し。


近くのスズメ。ノートリ(D810の1.5xクロップ)。


等倍切り出し。



Canon 250Dをレデューサとして使用した例。レンズは90FL。

50~60m先のカイツブリ幼鳥。ノートリ(D810の1.5xクロップ)。


等倍切り出し。


100m先のアオサギ。ノートリ(D810の1.5xクロップ)。


等倍切り出し。


20m先のカイツブリ。ノートリ(D810の1.5xクロップ)。


等倍切り出し。


比較用の50~60m先のカルガモ兄弟。ほぼ同じ焦点距離となる90FL + マルチフラットナーとの組み合わせ。ノートリ(D810の1.5xクロップ)。


等倍切り出し。



Canon 250D (250mm) をレデューサとして使うと、AFはビシビシときまる。Kenko No.3 (333mm) だとAF歩留まりは良くない。単純に明るさの違いか、それともCanonが良いのか、ちょっと判らない。250Dと同じ焦点距離であるKenkoのNo.4も所有していたはずなので、探し出して週末は比較テストをてもしてみようかな。

Nikon D810 / Borg 90FL + Nikon AF Teleconverter TC-16A

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply