GX7 と Borg 89ED でカワセミ幼鳥撮影

2014年07月22日|EDIT|
0
撮影機材
先週末、Borg 89ED とうっかり買ってしまった Lumix DMC-GX7 でじっくりカワセミ撮影ができた。ボーグ使ってるときは、解像させたいのでどうしても低感度→低シャッター速度となってしまいブレの影響で歩留まりが極端に悪化してしまう。振動の無いの電子シャッターがある GX7 で歩留まり上がらないかを試したかった。結果は上々、これまでとは比べ物にならないくらい歩留まりがよかった。結構気に入りました GX7(ただし電子シャッターに限る)。

ブログに掲載できるファイルサイズに制限があるので、トリミングしてサイズ下げた画像が下の3枚(サイズ下げすぎたのかちょっと汚い)。拡大でピクセル等倍。



オリジナル画像をYahooボックスにおいといたのでご興味ある方はどうぞ

機能的に一番気に入ったのは、シャッター半押しレリーズ。軽いタッチでシャッター切れる。マニュアルフォーカスのときは半押しは不必要な動作なので、これはありがたい。ケーブルレリーズでも有効だった。



普段は使わないビデオでも撮影してみた。下の画像はキャプチャして Lightroom でちょこっといじったもの。ブログサイズなら結構いけそうな気がする。こうなると 4K 動画に俄然興味がわいてくる...買いたい病はまだ発症してない。

で動画はこれ。落ち着きの無いカワセミ幼鳥の仕草、長いです。



撮影メモ:
■ 保有の一番大きい三脚と一番重い雲台を使用(大嫌い)
■ マルチフラットナー1.08x DG を使用。焦点距離は650mm、見えてる画角は 1300mm
■ シャッター押しとケーブルレリーズで半々、どちらでも結果は変わらなかった
■ いつも通り Raw 撮りして Lightroom で現像

GX7 を使ったボーグシステムの本日までの感想文
■ 歩留まり優先なら電子シャッター使ったコレ。
■ きれいだがちょっとのっぺりした画像、Raw 12-bit だけなので 14-bit が欲しい。決まったときのペンタのほうが好み。
■ ピーキングは便利だけど、もう少しなんとかならないものか?カワセミが見えなくなる。
■ 傾斜する液晶はとっても便利なことがわかった。
■ EVF は疲れるので、常時使用というわけにはいかない。


Lumix DMC-GX7 / Borg 89ED + Multi-Flattener 1.08x DG


Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7 ボディ シルバー DMC-GX7-S
パナソニック (2013-09-13)
売り上げランキング: 91,143

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply