カワセミ幼鳥の執念

2014年07月19日|EDIT|
0
カワセミ
今日の午前は天気がグズグズなのでウダウダ。午後に川~沼~川へとカワセミ観察。今日もカワセミなのです。行動範囲は半径5kmに制限しているので仕方ない。カワセミ幼鳥たちは、徐々に川へと誘導され始めてた。帰りがけの比較的下流でのできごと(背景とかピントとかご容赦を)。お魚咥えたカワセミ父さんとすれ違い、びっくりして急ブレーキをかける幼鳥A。ホバリングしてたわけではない。


必死のタ~~~ン。


間に合った! 撮影も何とか間に合った!


幼鳥A「いただきま~す。」


幼鳥B『なんで?なんで、なんで?』とパタパタ。


喜びのポーズを決める幼鳥A。すねて枝をかじり始める幼鳥B。


でも、幼鳥Bはこの10分前に大きなお魚をもらっていたのを私は知っている。


さらに下手くそながら幼鳥A, Bともに既に自分で採餌できることも私は知っている。そんなことは関係なく、別の仔達への給餌にすぐさま飛び去るカワセミ父さん。子沢山は大変だ。第三弾生産ロット準備もあるしね。


明日は、長い筒をもって沼に行こう。
今、久しぶりにヴィラ・ロボス聞きながら書いてるんだけど、やっぱり好きだ。

撮影メモ
・今日は撮っただけです。ボタン押したらフォーカス合った。


Nikon D600 / AF-S Nikkor 300mm F4 + TC-14E II

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply