田んぼアートと泥アート

2019年08月14日|EDIT|
0
旅行記
昨日は墓参りついでに、古代蓮の里で田んぼアート見学。
2019年度のテーマは『ラグビー日本代表応援』で姫野和樹/リーチマイケル/田中史朗選手が田んぼに描かれていた。少々時期遅れだったのかユニフォームの赤が茶色になってしまった。横着して高倍率ズームだけ持って行ったが28mmの画角だと横幅に入りきらず。
20190814-01.jpg

『令和』の文字も描かれていた。こちらは官房長官が掲げていた額縁に近い色だ。
20190814-02.jpg

令和の額を地面から見るとこんな感じ(どんな感じだ?)。
20190814-03.jpg

この古代蓮会館展望台から田んぼアートが観察できる。高さは50mとのことであるが、小生がかつて受けた教育では当地の最高地点は丸墓山古墳18mであったので、なんと3倍の高さである。時代を感じる。なお、入館料は金400円也なりで愚妻も行くというので金800円也の出費であった。
20190814-04.jpg

古代蓮会館は展望台だけでなく『行田の自然』なる展示室もあった。
カイツブリ親子のデコイがお出迎え。
20190814-05.jpg

近所の沼のカイツブリ親子(一昨日撮影)。
20190814-06.jpg

カイツブリの隣にはカワセミのデコイ。
20190814-07.jpg

近所の沼のカワセミ(一昨日撮影)。
20190814-08.jpg

カワセミ幼鳥君が一昨日披露した泥アートも田んぼアートに負けず劣らず見事であった。
20190814-09.jpg

これは泥で表現したナメック星人です、とカワセミ幼鳥君が言っていた気がする。
20190814-10.jpg


Pentax KP / smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
Nikon D500 / AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply