川はみんなで水浴び

2019年01月27日|EDIT|
野鳥
本日の撮影から。


近所の川。各種鳥類が何故か一斉に水浴びを開始。


号砲はおなじみカワセミ。




毎年感心するイソシギの水浴び。とにかく水飛沫を飛ばさないお上品なご入浴作法なのである。飛び出しのときも水飛沫量は最小に抑えていた。





皆で一斉に水浴びするもんだから事に及んだ場面は撮り損ねたので、事後処理のみ撮影。ご自慢の黄色い毛の処理は入念だったようだ。




砂浴びの選択肢もあるが他の鳥に感化されたのか今日は銭湯状態での水浴びを選択。でも隣に水飛沫がかかるようでは銭湯に入る資格はありません、失格。




人工湖。


白いのが3羽になっていた人工湖のミコアイサ。しかし近くに来ない。


他の鳥は湖面に向いて休むのであるが、何故か水面に背を向けているタゲリ。


誰も撮影しなくなってしまった近所の沼。


昨日しばらくぶりに6羽のハシビロガモが。しかし今日は見当たらず。また逃亡か?


先週末も投稿したのであるが、なぜか「非公開」になっていた。ということなので無事に生きています。


Nikon D500 / AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR