芸無しカワセミ/飛んだクイナ

2018年12月09日|EDIT|
野鳥
今日はベニマシコやらキクイタダキでも探しに行く予定であったが、午前中のどんより曇り空でモチベーション上がらず。
結局、午後から自転車で近所の沼へ。

テリトリーが極端に狭いので、必ず居る芸無しカワセミ君。
珍しく明るいときに近くの枝に来たものの、飛び込まずに糞をしただけで、大好きな遠い枝へ行ってしまった。


御大に『ホバリングしている間にツミにでも食われてしまえ。』と言われてしまうほどの芸無し君なのである。
でもホバリングはしないので、しばらくは大丈夫そうである。





一羽だけ混じっているマガモのメスが近くを飛んでもにも微動だにせず。


カルガモのほうがよっぽど芸がある。


本日最大の話題はクイナ。
妙な色のバンが飛んでるなとと思ったらクイナだった。

この沼では初見である。
今年はオオバンが来ないね~などど話していたが、コッチのほうが楽しそうである。

Nikon D500 / AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR