蝶が虫を吸っていた 〜 コミスジ

2018年07月02日|EDIT|
昆虫
2018年7月1日の撮影から。

まずは小さな蓮沼。
死んだ虫を跨いだコミスジ。丸めたストロー(口吻、「こうふん」と読むそうだ)を誇示するかのように仁王立ち。

何をするかというと虫をチュルチュルと吸い始めた。吸われているほうの虫の名前はわからない。

何ともおぞましい姿が見れて興奮。
調べるとコミスジは死んだ虫の体液を吸うようだ。それからコミスジは警戒心が強いという記述が散見されたが、この個体はF蔵さんが触角に触っても微動だにしなかった。

マクロレンズは大抵携行しているもののフラッシュセットないと複眼が上手く写らない。オールドレンズもたくさん持って行かなきゃいけないので、これ以上荷物増やせないし悩みは深い。


干潟となった近所の沼、改め水溜。

アゲハが泥をチュルチュル。


黄色い口吻なゴマダラチョウ。アゲハと一緒にいたので、アゲハだと思ってたらストローの色が違った。興味がないっておそろしい。

Sony α7II / FE 90mm F2.8 Macro G OSS [1-3枚目]
Nikon D500 / AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR [4, 5枚目]