シグマのライト・バズーカ 100-400mm を買ってみた。

2017年06月21日|EDIT|
0
レンズレビュー
シグマの望遠ズームレンズ 100-400mm を買った。正式名称は Sigma 100-400mm F5-6.3 DG HSM OS | Contemporary らしい。
最近の手持ち撮影ではニコン 200-500mm F5.6 (約2300g) を愛用してきたが、これを持ち歩くのがつらくなってきて軽いサンヨン手放したのを後悔しているところに1160gとちょうど半分な重さのコヤツが発売されたのでツイツイ買ってしまった。値段も半分だったから最近のレンズはグラム売りなのか?
Sigma 100-400mm F5-6.3 DG HSM OS Contemporary


やって来て直ぐに家の周りで撮ったもの。






ファインダー覗いたときは暗くてテンション落ちたけど、まぁ普通に簡単に良く写る。


首からぶら下げて近所で撮ったもの。












投稿済みのものはコチラで。
望遠端でしか撮影していないことに気が付いたが、まぁ当然か。


感想をまとめると。

  • 舐めちゃいけない最近のシグマ。解像度は全く問題なく開放から使える。
  • ピント精度も各焦点距離で問題なさそう。
  • AFは意外と早い。ニコン 200-500mm と比較するとシグマのほうが全然早く、体感ではニコンのサンヨン並み。
  • ペンタのサンヨンやニコンの新さんよんをかつて愛用していたものとしては、軽さの恩恵はそれほど感じない。
  • USBドックは必要。一応、C1(カスタムその一)にとまりもの、C2(カスタムその二)に飛びもの設定している。
  • デフォルトの手振れ補正 (OS) では望遠端で当方の技量ではファインダーに止めることはできず。USBドックで「ダイナミックビュー」に設定すると貼り付くように止まる。
  • 自転車で近所をブラブラするときは最適!

総合的にお買い得なんじゃないかな、使い道あればだけど。


Nikon D810 or D500 / Sigma 100-400mm F5-6.3 DG HSM OS Contemporary

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply